Pinned toot

そういえば,古代の地名をGoogleMaps上に表示するというやつを作りました.数はあんまりないけどよければ使ってみてね.
stromateis.info/orbis/index.ht

Pinned toot

Lexicon Grammaticum Graeco-Iaponicum ギリシア語文法用語辞典

β版(微修正済)公開しました.

lggi.stromateis.info/search.ph

甲子園口・鞍馬口… 関西の駅名なぜ「口」ばっかり|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE style.nikkei.com/article/DGXNA

こんな本も出るらしい
| お知らせ | 石塚正英 研究生活50年記念誌『感性文化のフィールドワーク』 – 社会評論社 特設サイト 目録準備室 shahyo.sakura.ne.jp/wp/?p=7580

このところフォイエルバッハ関連書が続々と出ていていいですね! もしかしてフォイエルバッハブームですか?
「他の自我なしに私の自我はない。あなたに出会うことで、はじめて私は、私となる−。肥大化したエゴイズムが衝突する時代に、フォイエルバッハ哲学の核心を“いまなお”問い直す。補論「フォイエルバッハと自然」なども収録」
連帯するエゴイズム いまなおフォイエルバッハの通販/柴田 隆行 - 紙の本:honto本の通販ストア honto.jp/netstore/pd-book_3017

🤔「首相側近は「なんで(ANAホテルは)回答を出したんだろう」と困惑し、自民党幹部の一人は「もうANAホテルを使うのはやめよう」。同党ベテランは「ANAホテルは外資系だからかな。(対応が)スッキリしている」と述べ、忖度のない対応だと感想を漏らした」
「ANAホテルもう使わない」自民恨み節 野党「敬服」:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASN2L3RLLN2

Pixela | あなたの頑張りや継続を記録し、育てたい。そのすべてを、APIで。 - pixe.la/ja

ぎっとはぶの草生やすやつを外でもやれるぜメーンってことかに

mstdnは鳥じゃないというオタクも居れば、最高だった頃の鳥を再現できるというオタクもおるんじゃな

うとうとしてたら宅配が来て飛び起きて受け取ったが何と誤配で,出かかったドライバーを慌てて呼び止める一幕であった.

Ryoma Komiyama - 大発生したバッタ、食べて危機克服できるか ryomakom.myportfolio.com/eatin

やっぱアジア近現代史研究の中でオランダ語の,それもこうした文学作品に触れる必要は出てくるのだね.
gnosia.info/@ncrt035/103016558

日本でオランダ語をやる人は,オランダそのものの研究以外に,インドネシア史の研究で学ぶ・必要になる人も多い.

続き.
「著者ムルタトゥーリが小説の形を借りて19世紀のオランダ領東インド植民地における植民地支配の実態を内部告発し、植民地政策を痛烈に批判した異色の作品である。小説とはいえ全くのフィクションではなく、その内容は大筋では史実に合致している。そのため出版にあたっては当初から政治的な思惑に巻き込まれ、結局著者の意図したものとは少し違った形で、つまり利害関係者が特定しにくいような形で世に出た。しかし関係者の間ではたちまちセンセーションを引き起こし、やがては19世紀最大の問題作として評価を得て、読み継がれていった。今では近代オランダ文学の最高傑作として、押しも押されぬ地位を確立している」

朝倉先生のオランダ語の話が出て思い出したので調べたが,ムルタトゥーリ(Multatuli, ラテン語のmulta tuli「私は多くを耐えた」に由来する筆名)の小説『マックス・ハーフェラール』は日本語訳があったんだね.
「よみがえる幻の名作――ヨーロッパとアジアにまたがる「植民地批判」文学の古典。19世紀、オランダ領東インド(現在のインドネシア)における植民地支配の過酷な実態を内部告発し、当時ヨーロッパ各国に大センセーションを巻き起こした作品です。母国オランダでは「国民文学」として読み継がれ、ヨーロッパでは知らぬ人のない古典中の古典。日本ではアジア近現代史研究の中でしょっちゅう名前が出てくる本ですが、戦前に出た翻訳を目にしたものはほとんどないという「幻の」作品。
オランダ語で書かれた文学ですが、植民地を通じてヨーロッパとアジアにまたがる世界的名著と言えるでしょう」
hanmoto.com/bd/isbn/9784839601

朝倉先生のオランダ語辞典は同じ大学書林から2014年に出ている.
daigakusyorin.co.jp/book/b1855

この朝倉先生の『オランダ語四週間』はたしか訳読の中に詩も含まれていて,そこまで高級な文章語をカバーしたオランダ語の教科書は他になかったはず.

本日の書棚から適当に1冊は『オランダ語四週間』(朝倉純孝著・大学書林発行)。

昔、なぜか蘭学がマイブームになったことがあって(幕末の小説など好んで読んでた頃)、そういう雰囲気にひたるなら大学書林のこのシリーズだろうな、と思って買った本。もちろんブームは続かず、オランダ語はちょっと囓っただけになった。文法をしっかり、訳読をきっちりやる四週間シリーズはとても好きなのだけど、今の時代には合わないだろうな。残念ながら。
#ライクロフトの本棚

デンマーク語の人名はかなり罠で,Madvig「マズヴィ」Heiberg「ハイベア」あたりは最初聞いたとき🤔 になった.

何度も聞きなおしているが「ハンマースホイ」に聞こえる…
Vilhelm Hammershøi - "Spurveskjul" (his old home) youtu.be/Wejz_KDSQ0Y

以前の展覧会のときは「ハンマースホイ」表記だったよなぁと思いだしたが,デンマーク語の転写としては「ハマスホイ」の方が正確らしいね.
vilhelmhammershoi.net/hyoki/

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.