Pinned toot

そういえば,古代の地名をGoogleMaps上に表示するというやつを作りました.数はあんまりないけどよければ使ってみてね.
stromateis.info/orbis/index.ht

Pinned toot

Lexicon Grammaticum Graeco-Iaponicum ギリシア語文法用語辞典

β版(微修正済)公開しました.

lggi.stromateis.info/search.ph

駅構内の案内表示にガムテープで作られた「修悦体」が、展覧会に出品されるのですが、出品作家の欄、美術関係職が並ぶ中に「佐藤修悦(警備員)」って超かっこいいな。

すごい「『Tellus(テルース)』は、政府衛星データを利用した新たなビジネスマーケットプレイスを創出することを目的とした、日本初のオープン&フリーな衛星データプラットフォームです」
Tellus
tellusxdp.com/ja/

鳥とかだとセレブにRTされると「インプレッションが増えるぞしめしめ」となるのかもしれんがMastodon自鯖勢だと第一感情が「鯖に負荷が!」なのでまぁ

VPSの週間リソース情報を眺めていたら平常運転時より跳ねてるところがあってどうもフォロワーの非常に多いアカウントにBTされたことによるものと思われる

酔客の汚物対策、電車運転士が「秘密兵器」開発 | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
toyokeizai.net/articles/-/2670

移住希望先、佐賀10位  18年ランク 初のトップ10入り|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE
saga-s.co.jp/articles/-/340310

『現代思想』5月臨時増刊号,収録キーワードに「エモい」がある…
青土社 ||現代思想:現代思想2019年5月臨時増刊号 総特集=現代思想のキーワード2019(仮)
seidosha.co.jp/book/index.php?

??「バズったら宣伝しないといけないって言われたので…」
??「いや言ってないです,お構いなく」

すごすぎる「研究会のメンバーは囲碁のプロだが、当然ながらAWSについては全員「素人」だ。しかし、大橋さんをはじめとして、AWSのシステムに興味を持ったメンバーが皆に初期設定し、教えて回ったほか、AWSの使い方をまとめたマニュアルを作る棋士まで現れ、今ではメンバー全員が自力でAWSのインスタンスを立ち上げられるまでになったそうだ」
週末エンプラこぼれ話:囲碁AIブームに乗って、若手棋士の間で「AWS」が大流行 その理由とは? (3/4) - ITmedia エンタープライズ
itmedia.co.jp/enterprise/artic

棋士ですら AWS を使っているのに,という煽りができる

週末エンプラこぼれ話:囲碁AIブームに乗って、若手棋士の間で「AWS」が大流行 その理由とは? (1/4) - ITmedia エンタープライズ itmedia.co.jp/enterprise/artic

ケモミミとヒトミミの併存について,容認派・反対派も含めた諸家の見解を知りたいので誰か学説誌を編んでほしい.

ひっさしぶりに阪急に乗る気がする(多分錯覚

これはマジでそう
価値があるものの値段を下手に下げると上げられなくなるから、文化的価値や貴重品については絶対に下げちゃいけないのに、売れないから安く売るとかやっちゃいけない戦略に飛びついてしまう
『「いいものを安く」という無責任をやめさせるべき』
toyokeizai.net/articles/-/2670

講談社 純利益64%増 電子書籍好調 紙の不振補う: 日本経済新聞
nikkei.com/article/DGXMZO41565

ホメーロス『イーリアス』は原文がPerseus Digital Libraryとかにあるし,土井晩翠訳は青空文庫に入っているので,ふと思い立って本文部分を抜き出し正規表現で整え, で対訳形式に組んでみた.たいした作業量ではないので印刷して手で製本したら出先での気軽なギリシア語読み物になるのでは.

この本は今出版社としてはWalter de Gruyterから出ているからそちらのページを確認したがやはり結構な値段しているな…
degruyter.com/view/product/332

自分の購入履歴を辿りなおしたら(買ったの6年前だった…),こっちの方を入手したんだったけれども,当時の購入価格が3000円ちょいだったのに対してこちらも1万円弱に跳ね上がっていて,こういう必読書がこんな値段になっているのは非常に嫌な時代という感じがある.
amazon.co.jp/gp/product/359877

以前に他の学生が本文批判に興味があるらしかったので,それならWest, M.L.(1973), Textual Criticism and Editorial Techniqueがよい本ですよと話したらすぐその場でamazonを調べて金額がおかしいことになっていると教えてくれたけど,見てみたら4万越えは確かにおかしい.
amazon.co.jp/Textual-criticism

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.