Follow

寝てるときとかに受信した電波をメモ帳に書き留めてるんですが今整理してたら「ウラジミール・スクミズスキー」とだけ書かれたのが出てきて🤔 になった

ウラジミール・スクミズスキー,新派と旧派が激しく衝突する中で重要なのは形相ではなく布地などの素材であるという質料主義を唱えてスク水論争史に一石を投じたりしてそう.

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.