Follow

プログラミング言語に限らずこれに近い反省を強いられる場面は他にもありそう(というか思い当たるので反省がある)「しかし彼は、あらゆる変更に対する全責任を自分が負う立場になって初めて、プログラミング言語がいかに複雑な制約下にあるのかが分かったに違いない」
Rubyのまつもと氏、「気分を害することもある。だからどうか建設的であってほしい」 - Publickey
publickey1.jp/blog/19/ruby_2.h

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.