Follow

長大な著作の抜粋や要約を作るという活動は,それ自体としては文化や教養のもたらす成果である反面,作品全体を保存し伝承する上では障害になるという一長一短で,抜粋や要約すら残らないよりは遙かにいいんだけど難しい.

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.