Follow

学会費をクレジットカードで決済できるシステムを作る支援とか,そういうのやってくれたらすごく嬉しいですよね
「ごく簡単に説明するなら、学会に所属するのはハードルが高いけれど、その報告会や勉強会には参加してみたいとか、あるいは少額だけれども支援したいという一般の方は、結構いるんです。そこで、関心のある人が気軽に学会に参加できるように、クレジットカードで年会費を払えるような仕組みを作る」
36歳の編集者が、市川に「小さな出版社」を立ち上げたワケ(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(3/3)
gendai.ismedia.jp/articles/-/5

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.