Follow

宗教を興して一発当てればでかいというのは数多くの忌々しい実例からわかるが,一発当てられなかった場合のその後の詳細を知りたい.今は普通に働いている「元教祖」の人の話とか聞いてみたい感じはある.

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.