Follow

不覚にもここで笑ってしまった
「AWSだけだと母数が少ないので、販売部数を伸ばすためにAWS×○○とテーマを広げます。成功すればAWSと○○の和集合になりますが、大抵の場合は失敗してAWSと○○の積集合になり、部数は伸びません」(佐々木さん)
ASCII.jp:私たちはなぜ、どんな風に技術書を書いたのか? (2/2)|満漢全席を食らえ!JAWS DAYS 2019レポート ascii.jp/elem/000/001/874/1874

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.