Follow

リバニオスの書簡を繙いたら,自分のところに学びにきた若者が貧窮しているのを見て,仕送りを求める手紙があり,その中で,εἰ μὲν οὖν ἐσπανίζετε χρημάτων, ἐμὸν ἂν ἦν βοηθεῖν· ἐπεὶ δὲ καλῶς ποιοῦντες πλουτεῖτε μέν, οἴεσθε δὲ τὴν ἔνδειαν συλλαμβάνειν νέοις εἰς λόγους《それでもしあなた方に金銭が不足していたなら援助するのは私の務めであったでしょうが,実際には結構なことに裕福であられはするものの,若者たちにとっては貧困が弁論の助けとなるとお考えなのです》(Foerster 23.2)と鋭いことが言われていた.

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.