Follow

昨日のNHKでやってた京都番組で「目垢がつく」と言っていて,これは「多くの人に見られることで物の価値が下がる」という面白い考え方なのですが,露出と拡散こそ正義が正義の世界に生きる人には著しく理解が困難そうではある.

「正義が正義の」が重複してミスしているが,「王の王」的な強調のようにも見えてきた(見えてこない)

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.