19世紀の終わりから始まって現在も刊行途中のラテン語事典Thesaurus Linguae Latinae (記事中ではT.L.L.,他にTLL, ThlLとも略される),についての The New York Times紙の記事.研究所やカードケースの写真多数.
最後の単語zythumには2050年に到達する見込みらしいから,長生きすれば完成の日を見ることができるかもしれないね.
nytimes.com/2019/11/30/arts/la

記事中にres「もの」の項の担当者の話や,ut「〜ように,ために」の項をどうするかという話が出ているが,紀元後600年までのあらゆる文献を網羅する辞書であることを思うと,ラテン語を少しやったことのある人ならその途方もない作業量に目が眩みそう.

Follow

作るのも大変なら使うのも大変な辞書で,たまに「既刊分全セット」とかが洋古書店に出ても凄まじい値段だしオンライン版は年間$379だし,というのが悩ましかったが,記事の最後に書いてあるように,今はありがたいことにP台までPDFファイルをダウンロードできるようになっている.

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.