サンスクリット語は複合語をさらに複合語の要素にできるので,際限なく長い複合語が作られる.

dvaṃdva(並列複合語)をこの調子でズラッと並べたものは何度も見たことがあるけど,考えてみるとギリシア語やラテン語でdvaṃdva相当の複合語というのはかなり稀なのでこの違いは面白い気がする.

Follow

ギリシア語で dvaṃdva 相当の複合語というと νυχθήμερον「夜と昼」とか ἀρτόκρεας「パンと肉」くらいしか思い浮かばない.

ラテン語は,これ(stromateis.info/zib/lat_interf )を調べていたときに何かしら知った記憶があるが忘れてしまった……

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

ふんふん~♪