期間限定で公開されている.前置きがやや長いが,日本の古典と中世の注釈伝承の重要性についてとてもわかりやすくまた面白く書かれている.
「昔の人は教養があったのか」「注釈学事始め」を期間限定全文公開
前田雅之『なぜ古典を勉強するのか 近代を古典で読み解くために』(文学通信) - 文学通信|多様な情報をつなげ、多くの「問い」を世に生み出す出版社 bungaku-report.com/blog/2018/0

Follow

「中世の注釈は最終的には、どの説が正しいかではなく、諸説集成に向かっていく。あらゆる説を知っていることが学者としての正しいありようだったからだろう。学者が物知りでなければいけない理由の一つである」

「正解」をひとつ知っていればいい,あるいは突き止めればいい,というのとは全く別様な知のあり方もある.

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

ふんふん~♪