動作の様子を記述するのではなく,その出来事を語る話者の判断や評価を表す副詞に「批評の副詞」のほかもっとメジャーな名前がついていたはず……と少し調べて話法詞(Modalwort)にたどり着いた.
品詞分類とドイツ語の副詞
cc.mie-u.ac.jp/~kc20106/german

「副詞の全体像」の節を見ると「こんなに細かく分類するのか…」となる.

Follow

「3.4. 話法詞と他の副詞」のところで「一般副詞が心態詞として用いられる」ケースとして関口存男の例文が引いてある.このタイプの副詞は,文全体を主語にして副詞を述語にするような訳文にするとこなれた自然な文になる.
Sie gehen besser zum Arzt.を逐語的に拾うと「あなたはよりよく医者に行く」だが,もちろん言いたいのは「医者に行った方がいいですよ」.
cc.mie-u.ac.jp/~kc20106/german

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.