Niceratus Kiotensis
Follow

ominaとomniaの間に生じる混乱の例.ウェルギリウス『農耕詩』3巻456行.
abnegat et meliora deos sedet omina poscens.
(Verg. Georg. III 456)
omina M: omnia PR
M写本(Laur. lat. 39.1; opac.bmlonline.it/Record.htm?r)ではominaだがP写本(Vat. pal. lat. 1631),R写本(Vaticanus lat. 3867)ではomnia. gnosia.info/media/jLHcv29HMimA gnosia.info/media/6gvTxvcEDuBV gnosia.info/media/DKnJPrV2UC1U

Sign in to participate in the conversation
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.