一回pdfLaTeXを実行してからbiber <ファイル名>して再度pdfLaTeXでok

この方式はきれいだね

吉田山に行ってみるとなかなかまだ痛ましい状況だった

カーニングの重要性がよくわかるケース

目的の挙動に少しずつ近づいてきた

ところで58行の最後はOQなどの写本でmanareになっていて,manet resを伝えるのは15世紀の少数の写本のみ(画像はF = Laurentianus 35,31: 40v).

そのもう少し以前(1400-1410, 1430年頃)のL写本(=Laurentianus 35.30, 52r)でもやはり同様.なおこちらでは99行がvitalemで伝えらえている.

ところが近い時代のF写本(Laurentianus 35.31, 41v; 1451年頃)ではそのような補いの形跡は見られない.

ルクレーティウス『事物の本性について』3巻96-99行(D=Laurentianus 35.25, fol. 48r; 1450年) Show more

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.