Show more

これ思い出して久しぶりに開いたけど「ウァッロ以降のローマの図書館行政に深く関与し~」の出だしで不覚にも笑ってしまった
ansaikuropedia.org/wiki/%E3%82

おるみん先生はテオクレティアヌス帝としてローマ帝国史にもその痕跡を残していることはあまりにも有名

探したらθεόκλητοςという形容詞があったけどθεόςとκαλέωだから《神に呼びかけられた》のような意味なのでておくれにあるまじき仰々しさ

「ておくれな人」の異称としてギリシア語風に「テオクレトス」というのを提案

ティンパナーロのキケロー『占いについて』が行方不明になったので捜索願だけ出して今日は試合終了だ

.ioドメインはイタリア語でドメインハックできそうだねと思ってvirgil.io を見たら謎のおじさんの写真が出てきた🤔

「己の無能で観測できないだけの対象をオカルトに堕とす者は真のサイエンティストではありませんよ 謙虚に胸を張って『今はわからない』と言える者だけが英知を手にしてきたのです」
『エクセル・サーガ』24巻の四王寺五条のこの台詞すき

どうにも解釈に困る箇所にゆきあたって諸家の見解を聞いていると,中にははっきり「わかりにくい」と述べてわかる範囲のことだけを書いている人もいて偉いなあと思う.自分も含めわかんないとついつい沈黙してしまいがちなので.

『漢字源』を引いたら「1.やむ,きえる,火がきえる,また,火がきえるように滅びる.2. やすむ,やすまる,物音もなくなりやすらかになる」とあった.

単に動作が止まるという意味ではなくて,何か生命的なニュアンスを帯びている場合に「止む」ではなく「熄む」を使っているが正しいのかは知らない

「いや,一切のハラスメントは『道徳的に』アウトなんだから概念的に無用な形容でおかしいのでは」とか思っていたが,おかしいのは私の頭の方だった

moralはphysical《物理的,身体的な》と対照的に使われるとき,《精神的な》という意味になるというのは知識として持っていたが,このケースでちゃんと応用できてなかった.

そうか,モラルハラスメントのmoralをずっと《道徳的な,倫理的な》という意味で考えていたから,モラルハラスメントが指す現象はおおよそ把握しているつもりでも概念定義として理解できてなかったが今腑に落ちた.

モラハラはモラルハラスメントですね
精神的暴力

まだ寒さの残るこの時期に食堂で夕食を摂ったあと理学部棟の自販機でココア買って飲んだりすると謎のエモさがある

10億円規模の予算でオープンソースの安全な投票システムをDARPAが開発中 - GIGAZINE gigazine.net/news/20190318-dar

文章の一時置き場にはPlemeというActivityPubに対応したブログを使っているよ。Hugoでエントリを作成してGithubにアップロードするのは手数が多すぎてだるいので、他にやりようがないのか考えている。
* [Plume: a federated blogging application](joinplu.me/)

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.