Show more

大学入試、パソコン解答24年度以降導入 改革巡り素案:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLASDG13H

「さっきの」と書いたがふつうに非公開投稿だった

Walter de Gruyterは電子書籍に注力したい一方でTeubner叢書のデザインを非常に残念な感じにしてしまった……

これの関係でR. Kassel校訂のメナンドロス『シキュオーン人』がオープンアクセスになっている
degruyter.com/viewbooktoc/prod

うぉ
独・De Gruyter社、創設270周年を記念し、創設以来の既刊本から選んだ図書270冊を毎月27冊ずつ10か月間をかけてオープンアクセス(OA)化
current.ndl.go.jp/node/38151

最近夕方眠くなるというかただ眠いのではなく気持ち悪くなる ねもちわるい

「ゆうパック」配送車と運転手が行方不明 京都、警察が行方探す - 京都新聞 s.kyoto-np.jp/politics/article

一件メールが来ないことには剣呑で仕事に手がつかない…

ところでCorpus Glossariorum LatinorumもCorpus Grammaticorum Latinorum (kaali.linguist.jussieu.fr/CGL/ よく落ちている)も略すとCGLになるのはちょっとした罠ですね……(ZetzelのCritics, Compilers, and Commentators (Oxford 2018)は前者をCGlLとしている)

キュリッロスの辞書はさっきのanecdotaの4.177-201に入っていて,20世紀に入ってからは部分的に新しいエディションが出ているらしく,E. DickeyのAncient Greek Scholarship (p. 100-101)を見ていると,`A new edition is expected from N. Wilson and H. van Thiel'とあるけれども,Dickeyの本が出たのがすでに10年以上前なのでその後何か展開があったのかしらん……

この項目はCorpus Glossariorum Latinorum, 2.237に記載あり(archive.org/details/corpusglos そこだとΑποκαυμα ustillatio, torresとある),序文を見るとこの語彙集をキュリッロスに帰するのは誤ったattributionのようだ.`nunc ad graecolatinas quae Cyrilli esse immerito dicuntur transeamus...' (praef. xx archive.org/details/corpusglos )

Ἀπόκαιμαになっているけども単語の配列されている位置から言ってἈπόκαυμαの誤植らしい

Lucr. 3.917でLachmannがatque arida torresという修正を提案するに際し,torresという見慣れない単語の典拠に`id vocabulum est in glossario Cyrilli, ἀπόκαυμα, ustilacio, torres'とキュリッロスの辞書を引き合いに出してきている.
archive.org/details/tlucretica

ぱっと見、フェイクニュースかなんかだと思ったぞ…
自民、サイバー捜査の強化提言へ ウイルス活用も | 共同通信 this.kiji.is/50065395217440880

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.