Show more

Sys. 重要な更新があります

「常識」「慣例」「普通」に
リモートで任意の行動をとらせる重大なバグがあります。

Sys. 直ちに更新を行ってください

これ(matogrosso.jp/lutitia-cafe/lut )のepisode 17に載ってたレシピですがわけ分からんくらい美味いな,ワインが無限に飲めそう

今日はもう仕事終わりにして洋梨のブルーチーズ載せで赤ワインを飲みます gnosia.info/media/aG9X-7HE0fo6

「大丈夫です」で変換したつもりが「大乗です」になって仏教になってしまった

古典を勉強しておくと,そのあと他の何を勉強しても面白く感じるという効能がありますが,古典の勉強それ自体に篦棒に時間がかかるのでキャリアパスが全て閉ざされるという難点が知られています(死

就職に響く惧れがあるので政治的な発言には鍵がつきます(適当

金箔入りのEU離脱記念ワイン、フランス企業が限定販売 cnn.co.jp/business/35143986.ht

「中絶」も普通「妊娠中絶」の意味にしかならないので,「中断する」の意味で使うと白い目で見られる.

「国体」とか「総括」とか,語構成としてはそれなりに汎用性があるが「もうそういう意味にしかならない」という理由で使用を断念せざるを得ないワードが結構あるな…

自分の論文ではpseudoetymology「擬似語源」と呼び分けているが,考えてみると古代人には別に「本当の語源」とそうでないものの区別はないわけだから,あくまで今日的視点から見た便宜的な区分なんですよね…

「擬似科学的な(pseudo-scientific)と言うと,「現代において科学的でないものをさも科学のように故意に偽って吹聴している」「エセ科学の」というネガティヴな感が強いので,近代科学成立以前の文脈でpseudo-scientificと言われている際には,「科学的な装いを帯びた」くらいで中立的に落ち着けた方がよいケースもある気がしてきた.

藪をつついてcome on, snake! をやってしまいましたね,これは…

今回の台風に託けて「表現力のある人間は東京に集中してしまっている」と述べる珍説を目にして,「さすが東京の御仁は私ら田舎者には想像もつかない表現力をお持ちですなあ」と甚く感心してしまったよ.

「終末」待ち9年地下生活か オランダで親子7人発見(AFP=時事) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201

「戸惑いも?」でそういう芋があるのかと思った(cf. 安納いも)

先月先々月は忙しさがヤバかったので今月は仕事を日中だけに収めて夜はアニメでも見て過ごすっていう予定だったのに何だこのざまは

現代における自作OSの難しさ 〜自作OSのいまと昔 [第2回] | さくらのナレッジ knowledge.sakura.ad.jp/22963/

そうか,考えてみると当然といえば当然だが,最近のinterpolation関係の研究と議論の盛んさ(必ずしもその方向性に全面的に賛成しうるわけではないが)は,受容史研究の盛り上がりと繋がっていると見得るわけか.ここのところの線が繋がると色々わかってくるきがする.

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.