Show more

辞書だと[matʃísmo]とあるが,有声子音の前なので[z]で発音されることもある.

マチズモmachismoってスペイン語由来だったんだ

そういえば岩波の『書物誕生』シリーズ,刊行開始当初は実はラインナップにルクレーティウスが入っていたんですよね…
litterae.blog8.fc2.com/blog-en

キケローの受容に関する本が出ていた.ローマ帝政期を通じてキケローがどのように読まれ,研究され,伝承されながら,ラテン世界の教育における規範となっていったか,という内容らしい.
Cicero and Roman Education: The Reception of the Speeches and Ancient Scholarship
doi.org/10.1017/9781107705999
Bryn Mawrのレビュー
bmcr.brynmawr.edu/2019/2019-11

バス「73系統」が2つ、外国人乗り間違え多発 観光地・嵐山行きと生活路線が隣で発着(京都新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201

天皇を生かしたまま元号を廃止するなどという器用なことが可能なのか

実際のVaticanus Palatinus lat. 1631( digi.vatlib.it/mss/detail/Pal. )の画像を見てみる.上から3行目が問題の箇所.ただこのキャピタル書体はIとLがとてもよく似ているのでややこしい(上の行のALTERNIS, 下の行のILLEと比べてみると微妙さがわかる).一応Qは消して修正しようとしたように見える.

なおそれに続けて,もちろんそれらの箇所が破損している可能性はあると断り,写字生が内容を考えず盲目的にueという文字列をqueに書き換えてしまうことがあるという話をして面白い例を挙げている.
ac tamen ex toto numero nullus usus locus est qui corruptus esse nequeat; nam librarii quam caeco impetu que pro ue substituerint ostendit codex Palatinus in Verg. buc. III 60 ab Ioque principium exhibens.

ウェルギリウス『牧歌』3.60にある「ユッピテルから始めようab Iove principium」という有名な,およそ中身を考えて読んでいると間違えそうもない箇所を(しかもこの場合の-ueはIuppiterの奪格をなす一部で接続詞ではない)Ioqueという無意味な文字列に書き換えてしまっているという.

ラテン語の-queと-ueについてというのは大分マニアックな話にはなる.
否定文に対して-queで接続された要素にも否定の機能が継続することがあって,そういう場合にこのqueをueに修正しようとする人もいるけれどもハウスマンは『アストロノミカ』1.475の注釈で慎重な態度をとっている.
多くの箇所でこの用法があるため,その全てを写字生の誤りに由来するとはできないという.
que ad negationem continuandam adhibitum hic et passim Bentleius in ue mutauit. exempla particulae sic positae apud Manilium et alios poetas tam sunt frequentia ut omnia scribarum errore orta esse non possint: ergo retinenda sunt omnia, nisi alia accesserit offensio, ut III 15.

否定辞の効果の継続についてという異なる文脈だが,-queと-veについては前にも見たことがあった.
gnosia.info/@ncrt035/101028395

そのまま続けてOLD -que¹の7を見たら,(linking alternative possibilities which cannnot simultaniously be true) 'Or'; -que .. -que, 'either .. or'とあって,つまり同時に真ではあり得ないものもラテン語ならand相当の-queで繋いでしまえる,というのが書いてあった.
英語圏の編集者が-queをor相当の-veに「修正」しようとするのを何度か目にしたことがあるが,上記のような同時に真ではあり得ない二つの事柄は英語ではandでは繋げないというのがあるのかもしれない.

等位接続詞によって直前のものを説明するepexegeticな用法(=単なるandではなくnamely, in other wordsに近い)は,ラテン語だとet (OLD s.v. 11)にそういうのがあるのははっきり認識していたけど,-queではどうだったかなと思ってOLDを引いたら,ちゃんと書いてあった(OLD s.v. -que¹ 6)し,何ならetよりも細かく割ってある.

加之,締切直前に書類の様式がしれっと変わってるのも,早めに行動している人間が馬鹿を見るあたり,ザ・大学事務って感じで最高(最悪).

1秒でも早く天皇制を破壊せねばならないという決意を新たにした

「平成」とか「令和」とかイカれたワードを自分の文章に書きたくねぇよ…

「留学生は西暦でもいいですが……」とか抜かしている時点で統一する目的でもないし,まったくもって意味が不明.

西暦で書いた書類を全て元号に書き直しさせられるという,ぶっちぎりで今年最高のクソ・オブ・クソ案件が爆誕した.

分散SNS Advent Calendar 2019の2日目(12/2)担当のKeizouです。

皆さんにご協力頂き実施したアンケートの調査結果をご報告いたします。

調査結果のデータはGoogleドライブ経由でCSVをダウンロード可能となっている。興味のある方は是非ともダウンロードして様々にご活用下さい。

それではどうぞ!

アンケート調査によるFediverse意識調査
note.com/wakageeks/n/n45c35d46

発言者の意図しない形で本人の社会階層や教養水準が露呈する場合がある点で,過剰修正の問題は結構sensitiveでもあるか……

Show more
Ariadna

古典という迷宮の誰が辿るとも知れぬ糸
Niceratus Kiotensisが学術,とくに西洋古典文献学関係のメモとか書誌情報とかを細々と記録したりするためのおひとり様インスタンスです……が,卒鳥への動きに伴いもっと自由な運用になってきています.このインスタンスについてもっと詳しく.