Niceratus Kiotensis @ncrt035@gnosia.info

If you like Mastodon, there are various ways to help the project that don't involve any money. For example, you can help us spread the message of Mastodon on other platforms where you still have accounts. On Twitter, our outreach account is MastodonProject. On Facebook and Instagram, our outreach account is joinmastodon.

ナイアガラから本が来たぞ!

やりたいことが多すぎて人間がいずれ死なねばならないという現実が受け入れられない

アニメキャラにさん付けするの,その人が生きていると認識しているからだと思う

誤変換の結果「女児詩人」なる迷単語が生まれてしまった

結局自サイトにMediaWikiを入れて諸々設定し終えたら突然「安全な接続が確立できない」とか言いだしてほぇぇだったんですが,よく見ると80番ポートで繋ごうとしてたのでそりゃそうなるわなと(LocalSetting.phpの$wgServerを書き直して解決).

#Mastodon 2.3.0 is out! 🎉

github.com/tootsuite/mastodon/

- Search your toots
- Download your archive
- Intelligent thumbnail crops
- Pinned toots
- Profile media galleries
- New landing page
- No more ugly media URLs in toots
- LDAP, CAS and SAML integrations
- and many more things!

「国立大学は公共財だ.国民の税金で作っていただいたもので,国民の税金で運営させていただいているものだ.だから大学の知は,一私企業に利用されてはいけないものだ.国民全体の資産にならなければいけない」|「国立大学法人化は失敗だ」山極寿一氏(京都大学学長)
kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/

このBechertが編集したマーニーリウス『アストロノミカ』はPostgateのCorpus poetarum Latinorum第2巻に入っている.

archive.org/details/corpuspoet

Bechert, M. (1878), De M. Manilii emendandi ratione, Diss. Lipsiae.

archive.org/details/demmanilii

Gibson, C.A. (2002), Interpreting a Classic: Demosthenes and His Ancient Commentators, University of California Press.

"This book collects for the first time, translates, and offers explanatory notes on all the substantial fragments of ancient philological and historical commentaries on Demosthenes."

ucpress.edu/book.php?isbn=9780

PleromaをGoogleCloudPlatform上にほぼ一発で構築できるスタートアップスクリプト作ってみた

github.com/S-H-GAMELINKS/Plero

さっきのPleromaスタートアップスクリプトは単にUbuntu16.04でのインストール手順をshellにしただけだから

他な、AWSなりAzureなりでも環境を整えたりすれば使いまわしは聞くんじゃなかろうか

『19世紀文学とリアリズム――共時的文学現象に関する文化横断的研究――』をお送りいただきました. gnosia.info/media/xswx8-CMX4hu

Schrijvers, P. (1970), Horror ac divina voluptas: Études sur la poétique et la poésie de Lucrèce, Amsterdam, Hakkert.


ルクレーティウスの詩(poésie)と詩法(poétique)を包括的に扱った研究書.
議論全体は「作中で直接・間接に示された詩に対する理論的な考察」としてのpoétique expliciteと,「そうした理論の実践を通して作品全体に現れる考え方」としてのpoétique impliciteという大きな枠組みに基づいて行われる.
特に前者にはルクレーティウスに特有のものとしてエピクーロスの自然学理論によるpoétique physiqueなる下位区分が更に設けられており,主として4巻で展開されたような感覚理論がpsychagogique épicurienneの基礎をなすものであるという指摘(p.130)などは重要である.

これ,偶々必要があってブックマークを開いたらリンクが切れてて調べなおしたメモ代わりに投稿したけど,鳥の方で同内容の投稿を先にしていた人がいたのを今見つけてしまった.